ずっと使い続けたい濃密スカルプシャンプー!

CUシャンプーは毛髪診断士&美容師が開発したシャンプーです。

頭皮や頭髪を綺麗に保つ辿り着いた最高の素材を絶妙に独自配合。

高級志向

薄毛にならないために、頭皮頭髪環境を良くすることが必須です。スカルプシャンプーの中でも、最上級のオーガニックスカルプシャンプーです。

「チャップアップシャンプー」は、頭皮頭髪ケアーに役に立つオーガニック成分が多数独自配合されており、シャンプーをしながらスキンケアもできるというのが特徴の1つです。使ったその瞬間に市販のシャンプーとの違いを実感いただけるでしょう。もちろん「チャップアップ育毛剤」と相性も抜群です。

この「チャップアップシャンプー」は、使う人にしっかりとした土台を作ってもらいたいと考えています。農作物と同じで、育毛・発毛も土台(畑)がしっかりしていなければ毛(作物)は育ちません。

たくさんの肥料をまくのも努力のうちですが髪に優しい簡単なケアが、髪にとってもお財布にとっても1番ではないでしょうか。

まずはこの「チャップアップシャンプー」をお試しください。毛髪診断士・美容師がたどりついた最上級のスカルプシャンプーです。

チャップアップシャンプー

 

育毛を妨害する皮脂・汚れを落とすのにシャンプーはとても重要です
シャンプーの役割
頭皮の余分な皮脂・汚れを落とし、健康的な頭皮頭髪関係を保つことです。これだけでも、髪の毛の汚れはある程度落ちます。
しかし最近では多くの方が整髪料をつけて毎日のスタイリングを楽しんでいるため、頭皮や髪の毛は脂まみれになっています。さらに頭皮は皮脂の分泌が最も多い部分ですので、上だけでは取り除くことは難しい余分な皮脂を落とすために必要になります。

もともと皮脂は頭皮や髪の毛を守るために必要なものです

空気中の汚れや雑菌、紫外線などといった外会からの刺激から頭皮を守ってくれているだけでなく肌の表面から水分が蒸発するの防ぎ頭皮の潤いを保つ働きも持っています。

しかし皮脂は空気に触れると酸化するため必要以上に蓄積すると汚れとして毛穴に詰まってしまいます。
その結果
フケ 痒み 頭皮の匂い  抜け毛 薄毛
シャンプーは「シャンプーマッサージ」と呼ばれるほどヘアケアの第一歩となります
毎日のシャンプーで髪の毛の汚れを落とす事はもちろん、頭皮の古くなった余分な皮脂・汚れを取り除き、健康的な頭皮環境を保っていきましょう。
育毛を妨げる「硬化」
頭皮は硬化するとどうなのか?
頭皮が硬くなる
頭皮の血行が悪くなる

育毛、発毛促進しにくい状態になってしまう
薄毛の可能性が高くなる
頭皮を健康に保つことは
健康な頭髪のために非常に大切なことです!
「抜け毛が気になる…」
「将来薄毛になりたくない…」
今!
スタートさせることが重要です
“年齢を重ねても若々しい髪を保つために”
チャップアップシャンプーで
頭皮環境の変化を実感!
一日たったの53円

a1qsxedu

CUシャンプー7つのポイント!**********************************

1).5種類のアミノ酸系洗浄成分のみで実現した絶妙な配合
2).
頭皮に優しい弱酸性
3).
頭皮への負担を減らすノンシリコン
4).
ハリ、コシを与えボリュームアップ
5).
オーガニックエキス10種配合
6).
無添加オーガニックスカルプシャンプーです
7).RO
(逆浸透)膜による純度の高い水を使用しています

********************************

n2si3gai

抜け毛減少!腰のある強い髪へ!

 

効果的なシャンプー方法

 
1 .髪を十分に濡らす
 
38℃くらいのお湯で、約3分間洗い流してください。
最初の段階で日常でついた汚れ・ホコリを落とします。

2.しっかり泡立てる

1プッシュ分のシャンプーを手のひら、もしくは後頭部から側部でよく泡立てします。頭皮全体をしっかりと住み込むまで1プッシュ分づつ追加し、泡立てていきます。(使用料は髪の毛の長さによって異なります)
※明記を頭皮につけて踊ってるのはNG!頭皮を痛める原因となるので、しっかり泡立てましょう。泡立てネットを使ってもオーケーです。

3. 優しく洗う
1回目:髪の毛を中心に地肌からしっかり洗って行き一度流します。
2回目:地肌の汚れを取るように、利幅中心に話をつけていただき、そのまま1から2分ほどおきます。その後10分に流してください。
※ 2回目のシャンプー時に頭皮ケア成分が浸透しやすくなります。
ポイント1
髪全体マッサージするように、指の腹で頭皮をこするのではなく「頭皮を動かす」イメージで!
ポイント2
洗う順番は下から上に、「襟足→ 後頭部→頭頂部やや後→頭頂部」と洗っていくと良いでしょう。
4.すすぎをしっかり
シャンプーは頭皮に残らないように、しっかりと洗い流しましょう。洗い残しがあると抜け毛やフケ・かゆみにつながります。
5.タオルドライ
乾いたタオルで、頭皮と髪の毛を抑えるように優しく水分を拭きとって下さい。

bxbyluvk